It can't live without rock'n roll !!!!
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
★NEW ENTRIES
★FAVORITE!!!
bk1bk1
★PROFILE
<< 静かに再燃のマイ・ブーム〜チェ・ゲバラ | main | 2008年2月記事タイトル一覧 >>

平和台球場の記憶

数日前のasahi.comの社会欄の記事に「福岡・平和台球場跡地そば 西鉄魂、語り継ぐ野球用品店」というのがあった。

かつてはプロ野球・西鉄ライオンズの本拠地でもあり、福岡ダイエーホークス(現・ソフトバンクホークス)の本拠地でもあった平和台球場跡地の撤去作業が現在、着々と進んでいるが、そんな中、今も球場のそばに店を構え、黒地に「NL」マークの球団帽を売り続ける野球用品店があるという内容だった。野球ファンにはおなじみの「ライオンズベースボールショップ」のことであるが、私が心に留めたのはその記事中に記されていた「平和台球場は完全に姿を消そうとしている」という文字だった。「唯一、面影を残していた外野席の外壁も、昨年末からの撤去作業が来月には終わる」とも記されていて、なんとも言えない気持ちになった。


icon
icon
▲森山真二『わが青春の平和台』海鳥社

以前にも幾度か、野球ネタの記事をアップしていることからもお察しの通り、私は野球が大好きだった。物心ついた頃には、毎年夏に父が連れていってくれる平和台球場での野球観戦が我が家の恒例行事になっていたし、小学校低学年の頃に学校で、夏休みの想い出の絵を描く際、クラウンライターライオンズ(!)のユニフォームを着た選手たちの絵を描いたことは今でもハッキリと思い出せる。

その後、父は当然のように西武ライオンズを応援しはじめ、平和台へも西武が来る度に行っていたわけだが、何故か私の中では西武ライオンズより、クラウンライターライオンズの方が印象深く、それが平和台球場への憧憬の原点にもなっている。

大学時代、縁あって福岡ダイエーホークスの球団本部でアルバイトをさせてもらうにいたったが、その時の感慨といったら!!


icon
icon

あぁ、失われて行く平和台球場の面影!!記念にバイト時代、みんなで写真でもとっときゃよかったよぉ〜(T_T)。というわけで、こういうことこそ、“語り継ぐべき”よね!よし、子どもたちにたっぷりと平和台球場の想い出を話してあげるとするか。
| ノンジャンル | - | - | |
★CATEGORIES
★FOR ADMIN
ヘテムルヘテムル