It can't live without rock'n roll !!!!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
★NEW ENTRIES
★FAVORITE!!!
bk1bk1
★PROFILE
<< 2012年05月記事タイトル一覧 | main | ようやくの、空。 >>

懐かしのドーナツ盤(その3)

☆1984年8月21日リリース。
女子プロレスラー長与千種とライオネス飛鳥によるクラッシュギャルズのデビュー・シングル。

krush

なぜ持ってるかって?

…もちろん、ファンだったからです(笑)♪

とくに長与千種さんの大ファンでした!

あの頃の女子プロレスは面白かったなぁ〜…VS極悪同盟(ダンプ松本、ブル中野とか)。

まぁ、レコードはこれ1枚しか持ってませんが、
後に千種さんが、つかこうへいさんの作品に出られた時も観に行った記憶あり。

ただ、『リング・リング・リング』だったか『熱海殺人事件』だったか、記憶が曖昧。

だって『リング〜』は映画もあったしなぁ…どっちがどっちだったか、分かったらまた追記しとこう。

ちなみに千種さん、現在は文京区湯島にて“ライヴ居酒屋”なるものを経営されている模様。

☆1981年9月30日リリース
小学生の時に3年B組見て、マッチ(近藤真彦)の大ファンに!

まっち

LPは『Thank 愛 You』から『Shining』までの7枚を所持。
EPはデビュー曲『スニーカーぶる〜す』から1985年の『大将』までの18枚と『愚か者』の1枚、計19枚を所持。

あとEP2枚組の企画盤『17バ?スデー』ってのもありまして、
これが結構なお気に入りでした(本人のメッセージ入りだった記憶が→写真撮ったらアップします)。

いやー、シングル買ったりするのは、いつの間にか卒業しちゃったけど、
やっぱカッコいいなぁ、マッチ。

でも、最近、弟嫁に「マッチといったら、今はホークスの松田」と言われ、
これからはマッチ(近藤真彦)のことは、「マッチさん」とジャニーズファミリーみたいに
呼ぼうと思った私です(≧w≦)。

☆1982年5月21日リリース
『on the machine(翔と桃子のロックンロール)』

ももこ

さっきの流れでマッチの大ファンだったということは、お分かりでしょう。

なので、主演映画『ハイティーン・ブギ』の原作となった
コミック版『ハイティーン・ブギ』も当然、全巻揃えて読みました。



んで、その流れで

原作者である牧野和子さんが作詞、横浜銀蝿のJohnnyさんが作曲、
既に紅麗威甦としてデビューしていた杉本哲太氏がヴォーカルをとり
「杉本哲太&LONELY-RIDERS」というユニット名でリリースした
コチラをゲット。
(確かマッチの映画とは全く関係なかったと記憶…)

ジャケがいいよねぇ〜♪

ちなみにB面(?というか両A面か?)は
原作コミックで募集していたオフィシャル・ソングの第一席。紅麗威甦の『桃子の唄』でした。

☆1981年11月21日リリース『セーラー服と機関銃』(薬師丸ひろ子)
☆1981年12月21日リリース『センセーショナル・ヒロコ』(ひょうたん三銃士)
ひろこ

小学校高学年の頃に『野性の証明』をテレビかなんかで見て、ファンになり、
『翔んだカップル』以降、『Wの悲劇』までの主演映画は映画館に観にいきました。

中でも、この曲が主題歌となった『セーラー服と機関銃』のインパクトは相当なもので、
オリジナル・サウンドトラックもゲット!

映画の中で、泉が歌っていた『カスバの女』の歌詞をもマスターしてしまうほどでした(笑)。



ちなみに左側は同映画に同級生役で出演している
柳沢慎吾、光石研、岡竜也による「ひょうたん三銃士」というプロモーション用の(!)トリオが歌うEP。

今や名バイ・プレイヤーとして名を馳せる光石さんの若かりし頃の一幕♪

☆1974年〜1976年オンエアのテレビアニメ『てんとう虫のうた』主題歌。
ななほし

おそらく親が買って来たと思われる。
このアニメを観て、7人兄弟に憧れた(笑)。
残念ながらジャケは紛失。中袋と盤のみ所持。
| 音楽(CD,DVD,RADIO,etc.) | comments(0) | trackbacks(0) | |









url: http://future.office-rockets.com/trackback/1285564
★CATEGORIES
★FOR ADMIN
ヘテムルヘテムル