It can't live without rock'n roll !!!!
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
★NEW ENTRIES
★FAVORITE!!!
bk1bk1
★PROFILE
<< 受け継がれていく魂と信念 | main | 最近の気になるニュースもろもろ >>

シャルム(玉ねぎ)とイチゴ

実家の庭で、冷蔵庫に入れる前のシャルムを発見
しゃるむ

普通、タマネギは秋に植えて春に収穫…ってパターンなんですが、
これは3月ぐらいに種蒔きをして5月頃に一旦、掘りおこし、冷蔵庫で保存。
そして、また夏が終わるくらいに土に植えて、12月頃から収穫するユニークな玉ねぎ(→父に教わった情報)。

去年、初めて食べたんですが
葉の部分もネギの代わりに使える上、辛みもなくて非常に美味しい品種☆
我が家では、皮をむいて、
上に十字の切り込みを入れて、ラップでくるんで3〜4分チン。
ポン酢をかけて食べることが多いんですが、
これがもう!すんごく甘くて美味しいんです(チビたちはこれが一番好き)♪

玉ねぎが苦手な方には、とくにオススメです。

ところで、先日、今季の出荷がすべて終わった叔母のイチゴ畑へ行きました。

「体力の続く限り(?)、時間無制限、採りたい放題いいよ!」
という夢のようなイチゴ狩りを許可され、喜ぶチビ2人と私。

しかし、やはり狩りは激務。
4箱終わった時点でギブアップでした(笑)。

12いちご

そうえいば東京では近々、『ねねね、ネオニコチノイドってなあに? | 新農薬ネオニコチノイドについて“未来に向けたみんなの意見”づくり大公開』というフォーラムが開かれるらしいですね。

ミツバチがいなくなっている原因ともされる新農薬“ネオニコチノイド”について学ぶフォーラムのようです。
雁屋哲さん(「美味しんぼ」原作者)×田中優さん…かぁ、聞いてみたいなぁ。

ご存知のように、ミツバチさんの力がなければ、キレイな形のイチゴは食べられません。

12いちごおば

もちろん叔母のいちごハウスにもブンブン飛んではいましたが、
昔に比べたら、その数は圧倒的に少なくなっています。
(※ちなみにミツバチは人をむやみに攻撃しないから、いちご狩りをしていても大丈夫です☆)

人間の生活と自然、そしてそこに生きる人間以外の生き物たちの命の環。
便利さと引き換えに、その環を壊してしまっているのは自分たち自身なのかもしれないですよね。
殺虫剤や除菌剤は本当に必要なのか?雑草は本当にからさなければいけないのか?
もっとたくさん勉強して知っていく必要があると思います。

12もんしろ
▲モンシロチョウの幼虫です

さ、ジャム作るぞ〜!!
12いちご3


この8割がジャムになりました〜。
12じゃむ

ちなみに…今日はミニトマト3種類と、シソ、落花生にローズマリーの苗を購入。

12みにとま
▲手前3つがミニトマト(3株とも種類が違う)、奥2株がシソ。早速植えました。

12ろーず
▲ローズマリーはまだ場所を検討中(地植えにしようと思って)。

12らっかせい
▲落花生のために、畑部分を拡張予定なので、まだこちらで待機。
| 自然・田畑・伝統 | comments(0) | trackbacks(0) | |









url: http://future.office-rockets.com/trackback/1285557
★CATEGORIES
★FOR ADMIN
ヘテムルヘテムル