It can't live without rock'n roll !!!!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
★NEW ENTRIES
★FAVORITE!!!
bk1bk1
★PROFILE

怒髪天、初の単行本

買う、買う!!


▲『怒髪天が語った1082+10の真実 怒髪級!!』2012.5.9発売


【追記】
2012/04/21

▲『歩きつづけるかぎり』Music Videoの特別版

2012/04/23

▲怒髪天・坂詰克彦先生による「押忍讃歌」振り付け指導
| 書籍(絵本以外) | comments(0) | trackbacks(0) | |

安部公房

先日、読売新聞のニュース
「安部公房 ノーベル文学賞寸前だった」
という記事が出ていた。

ノーベル委員会のペール・ベストベリー委員長が同紙の取材に答えたものらしく
「急死しなければ、ノーベル文学賞を受けていたでしょう。非常に、非常に近かった」
と答えたとのこと。

安部公房と言えば…実は卒論で「安部公房論」に挑んだ私。

卒業後、10数年経ってから、ゼミの先生に
「卒業論文集成」に収録したから取りにきなさいと言われ、
件の論文を収めた文集を取りにいったのだが、
今でも、読み返すほどに
もっとああすればよかった、こうすればよかったと…
書き直したくなる衝動でいっぱいに…(≧w≦)。。。うぅ

とはいえ、今でも安部作品は本当に面白いなぁと思うものばかり。
そういえば、卒論書くために文集全部揃えたよなぁ…。
赤い繭、壁、闖入者、砂の女、箱男…etc.

確か共同体思想の否定云々、論じてみたりしたっけなぁ…
という意味では、今こそ読まねばならないわけか。
よし、今度実家に帰ったら全巻持って帰ってこよう。
…っと、その前に早く部屋片付けなくちゃ(>_<)。
| 書籍(絵本以外) | comments(0) | trackbacks(0) | |

チョコレートアンダーグラウンド

チビ1号(小学2年生)が図書館で借りて来た本。

9/5チョコアンダー1

マジ?

けっこー分厚いぜ、これ。大丈夫か?

「うん、大丈夫!」

と、さっそく本の世界に没頭。

じつはこれ小学校高学年から中学生ぐらいに向けた本のコーナーにあったもの。

もともとアニメ版で概要は分かっているとはいえ、

活字オンリーの本格的な小説に、どこまで堪えうるかと思っていたら

9/5チョコアンダー2

すげー、1日でここまで!!

アンファンテリブル☆やるねぇ、チビ1号。

子供の可能性はやはり無限大ですな。


| 書籍(絵本以外) | comments(0) | trackbacks(0) | |

『自分と子どもを放射能から守るには』の日本語版出版

“ベルラーシの部屋ブログ”からの情報。

http://blog.goo.ne.jp/nbjc/e/52b72e750cbddc8b1110e0870b9c53d8

『自分と子どもを放射能から守るには』の日本語版が出版されるそうだ。



以下、情報(ソースは上記、“ベルラーシの部屋ブログ”)

発売日/9月15日
筆者 /ウラジーミル・バベンコ(ベラルーシ・ベルラド放射能安全研究所・副所長、体内放射能測定室長)
監修 /京都大学原子炉実験所 今中哲二助教
翻訳 /辰巳雅子
レシピ協力/荻野恭子 
版元/世界文化社 http://www.sekaibunka.com/
定価/840円

目次

チェルノブイリ事故から25年。
時を経てわかった放射能の中を生きるすべとは。
ちゃんと知って、ちゃんと食べて、賢く生き抜く12Files

第1章 知って守る

File1チェルノブイリ原発事故のこと 
File2放射能とは? 
File3放射能はどのようにして体に入る?
File4放射能が体に与える影響 
File5食品の放射能測定と暫定基準値 
File6体内放射能を測る

  第2章 食べて守る

File7キッチンでできる食品放射能の減らし方 <野菜・くだもの、きのこ、乳製品、肉類、魚介類>
File8放射能から体を守る食生活 
File9ペクチン剤とは?

  第3章 この地で生きる

File10汚染地域で畑や家庭菜園をするには 
File11汚染地域で生きるためにするべきこと 
File12いっしょなら簡単に!


ちなみに、10月には筆者であるウラジーミル・バベンコ氏も出版発表記者会見に出席するため来日予定とのことです。



| 書籍(絵本以外) | comments(0) | trackbacks(0) | |

原発のウソ

というタイトルの小出裕章氏の著書が6月1日に発売されるらしい。



しかも、事故後の書きおろし!ってことで、非常に興味津々。

これは是非、ゲットしなければっ。

で、昨日に続き、HEATWAVE山口さんのサイトにリンクしてあった、コレ。

「関東各地の環境放射能水準の可視化」

ってサイトがすごかった。というか、いくらミリシーベルトとか、マイクロシーベルトとか言われても、

でもって、実際に何度も聞き慣れて、分かったようなつもりになっていても、

目に見える情報で提示されるのとでは感覚が全然違うなって。

これ、難しいかもしれないけれど、全国版があったりすると、なお有り難いかも…。

そして、国がまったく信用できない今、いろんなものを自力で出来るようにならねばと、

田んぼを持たない我が家が今年挑戦するのは、コレ。

バケツいね2
▲バケツ稲。実は3年前にも一度、チャレンジしたのですが、マンションのベランダで全て枯らしてしまいました。リベンジ!!

【追記】
2011/05/23
もはや列島汚染は目前か。子どもたちだけでも守りたい、その思いのみ強くなる。
できれば、親だけではなく、小学校、幼稚園、保育園の先生方も含めて、ちゃんと知って学ばなければ。
これは、決して、大げさなことではなく、これから向かうべき現実の一端なのかもしれないのだ、と。
食事、環境…子どもが選ぶことのできないものに、責任を持つのは大人の仕事。当り前のこと。
http://www47.atwiki.jp/tsunamiwaste/pages/63.html

| 書籍(絵本以外) | comments(0) | trackbacks(0) | |

バタフライ・エフェクト

という本の存在をPERSONZの公式サイトにて知る。



JILLさんがライヴで話されていた本だそうで、かなり興味をひきます。

明日さっそく本屋に行って探してみよーっと。

感想はまた追記しておきます!


| 書籍(絵本以外) | comments(0) | trackbacks(0) | |

さくら。

今年も満開の桜。

sakura

でも、毎年、桜をみるたび、思い出す…茨木のり子さんの詩『さくら』。

<ひとは生涯に 何回ぐらい さくらを見るのかしら>

そのフレーズにふれたくて、ふと、本棚に手を伸ばして、あっと思って取り出したのは、

山尾三省さんの本『森羅万象の中へ』。

この本の出版から間もなく、お亡くなりになってしまったけれど、

「地球即地域、地域即地球」という考え方や、後にさまざまな人の手で語りつがれることになった「遺言」は

今こそ実践していくべきことなのではないだろうか。

まだ、今なら遅くはない。そう改めて思う。



それと…今朝ラジオでアミューズ所属のアーティストや俳優などが“チーム・アミューズ!!”を結成し、東日本大震災の被災地・被害者へのチャリティーソング『Let’s try again』をレコーディング。20日に配信するらしいというニュースが。

詳しくは<チーム・アミューズ!!>の公式サイトをどうぞ!

えんさくら
▲こちらは4/11幼稚園の桜。
| 書籍(絵本以外) | comments(0) | trackbacks(0) | |

図書館になかなか行けず禁断症状が

出そうです。。。

あぁ、読みたい本がいっぱいあるのに。

いつもタイミングが悪くて、行ってみたら図書整理週間だったり、

ゆっくり行けそうな日に限って、チビが熱出して外に出れなかったり。。。

独身時代は住居から歩いて、もしくは自転車で行ける範囲に図書館があることが

家を決める段階からの必須条件(もちろん、美味いお酒がおいてあるバーもね!)

だったりしたんで、原稿がたまってようが捌けてようが関係なく、

朝から晩まで、とにかく本に囲まれた生活をしていたので、それと比べると今は

かなり欠乏症。。。。あぅ。

東京には、こんな魅力的な本屋もあるというのに(まるで図書館みたい!!)!!
          ↓
松丸本舗

※松丸本舗の仕掛け人・松岡正剛さんの著書&公式サイト
『松岡正剛の本棚』


セイゴオちゃんねる

あぁ、誰にも邪魔されず、時間の束縛も浮けず、心行くまで本が読みたいよう。

というか、自分だけのために稼いだお金を使っていいんだったら、じゃんじゃん本買うけどねー(笑)。

でも、でも、子どもの頃から、

すぐに使い飽きる流行りのおもちゃではなくて、

今でも読み返すことのできる本や雑誌を思う存分与えてくれた両親や祖母には、

とにかく感謝している。

だから、自分も、子どもにだけは、、、、どんなに貧乏であっても、自分が読みたい本を買えなくても、

本を読む楽しみ、買って手元におき、いつでも読める楽しみを与えてあげたい。

そのために、母ちゃん、がんばって働くバイ(笑)

ちなみに、私が今、読みたいのは、
『田舎の紳士服店のモデルの妻』。


雑誌の、辛口で有名な書評家さんが、絶賛していたので、気になります。
| 書籍(絵本以外) | comments(0) | trackbacks(0) | |

もろきゅう





久々にのぞいて観たら、やっぱりオモロかった!
http://kazuyukikuhara.blog103.fc2.com/

| 書籍(絵本以外) | - | trackbacks(0) | |

ライ麦畑でつかまえて

で、知られるサリンジャー。

先日、1月27日に亡くなられたとのニュースが。



初めて読んだのは、中学生の頃かな、『ライ麦畑でつかまえて』。





その時は、私はあんまりピンとこなかった。

でも、改めて高校生で読んだ時は、なぜかハマりましたね。

もう、91歳だったんですね。

ご冥福をお祈り致します。

| 書籍(絵本以外) | - | trackbacks(0) | |
★CATEGORIES
★FOR ADMIN
ヘテムルヘテムル